辻 敏治 経歴       

 

1970年      大阪音楽大学音楽学部卒業

  その後 山田一雄、渡辺暁雄両氏に指揮を学ぶ

1970年~1972年 尼崎市合唱団指導員

1970年~1973年 京都市民管弦楽団副指揮者

1971年~1974年 全日本合唱協会理事・常任指揮者

1973年~1984年 神戸市民交響楽団正指揮者

1974年~1989年 NHK 大阪放送合唱団を指揮し、演奏会やNHK第2放送「音楽アルバム」等
         の放送番組に度々出演

1975年     西ドイツ・ブレーメン音楽大学指揮科に留学
         ハンス・ヨアヒム・カウフマン氏に師事

1977年     オーストリアのザルツブルク・モーツァルテウム音楽院の指揮講習会に参加
        ペーター・シュヴァルツ、オトマール・スウィートナー両氏に師事

1980年~2003年 混声合唱団Primavera指揮者

1983年~1984年 滋賀オペラ協会指揮者

1985年〜2009年 尼崎市民交響楽団常任指揮者

1992年~1999年 神戸アーバンオペラハウス副指揮者

1998年~2006年 大津労音合唱団(びわ湖アーベントロート合唱団)指導者

現在、コレギウム・ルネ 京田辺音楽監督

草の実コーラス立花女声コーラス夕陽丘混声合唱団

アマデウス合唱団 in 大津、その他の各指揮者 。

京田辺音楽家協会演奏企画委員。

2006年 尼崎市制90周年記念 市政功労者表彰を受ける。